薬剤師辞めたい・・・。薬剤師たちの転職事情

パート薬剤師の就職先

薬剤師復職サポートアドバイザーの内海です。

薬剤師は高収入かつ将来にわたり安定した仕事がある程度保証されているため、人気業種の一つです。
しかしその裏で薬剤師を辞めたいと思う人が多く、決して楽な仕事ではありません。
もちろん職場によっては楽な仕事もあるでしょう。
例えば薬局の医療品在庫管理であったり、簡単な調剤業務です。
ただそれらの仕事は正社員ではなく、パートやアルバイト薬剤師の方が行います。
正社員であればもっと知識も経験も必要とされる業務を任されるのが一般的です。
また人の管理も任されるため、かなりの激務となります。
それゆえ薬剤師を辞めたいと考える人が後を絶ちません。
ただ資格取得までに高額な学費と時間をかけているため、なかなか転職を決意できないのです。
また薬剤師以上に高収入と安定をもたらしてくれる職業は数少なく、その職に就ける保証もありません。

では薬剤師を辞めたい方はどうしたらいいのでしょうか?

その答えは転職です。

あなたは今の職場だから薬剤師を辞めたいと思うのではありませんか?
もしそうなら、別業種に転職するのではなく、薬剤師として別の職場に転職してください。
薬剤師の仕事は幅広いため、職場が変われば仕事内容も大きく変わります。

ただし自分1人で転職先を探せばまた薬剤師を辞めたいと思う可能性が高くなります。
なぜなら転職先の仕事内容や環境は、求人票や面談である程度分かるでしょうが、実際のところは就職してみないと分からないからです。
だから転職エージェントを利用して、転職したい職場の内部情報を聞き出して、事前に仕事内容や環境を把握してください。
転職エージェントは転職者をサポートするためにありとあらゆる情報を提供してくれるでしょう。

薬剤師を辞めたいなら、パート薬剤師という手もある

薬剤師を辞めたいなら、それを活かす仕事に就くのが一番収入を得られるでしょう。
その代表がパート薬剤師です。
パート薬剤師であれば正社員ほど、過酷な業務を任されず時間の融通もきき、なおかつ時給2000円以上の高収入が得られるからです。

ではパート薬剤師を募集している業種にはどのようなものがあるでしょうか。
パート薬剤師の活躍の場として一般的なのは、病院、調剤薬局やドラッグストアです。
病院は、パート薬剤師の募集の場合、経験者を求める傾向が強いです。病院でしか扱わないような注射や輸液などの医薬品に触れられるという利点があります。
調剤薬局でのパート薬剤師の業務は、調剤、服薬指導、薬歴管理といった一連の外来業務です。在庫管理、発注業務などは、フルタイム働く正社員が行う場合が多いようです。
ドラッグストアでのパート薬剤師の業務内容はというと、接客、販売がメインであり、薬剤師でないスタッフとそれほど違わないです。しかし、お客様から薬について聞かれれば、専門的な知識を活かしたアドバイスができるのがパート薬剤師の強みです。お客様からも薬剤師という肩書があれば信用してもらいやすいでしょう。また、近年は調剤薬局併設のドラッグストアも多いので、そのような店舗であれば、調剤業務の経験も得られるので一石二鳥です。

あまり知られていない業種としては、「DI」という業務があります。DIとは薬剤管理業務であり、医薬品の情報収集・評価などを行ったり、製薬会社窓口で問い合わせの対応にあたったりします。しかし、この業務のパートの募集は滅多にありません。現実的な就職先は病院・調剤薬局やドラッグストアでしょう。
パートで働く薬剤師が陥りがちなのは、正社員薬剤師への劣等感です。常勤でないというだけで、責任の重い仕事は経験の浅い正社員薬剤師に任せられることも多々あります。ルーチンワークばかりでやりがいを感じられないといった悩みを持つ人も少なくありません。
これは働く上で何を優先するか、価値観の問題なので、あまりネガティブに考えすぎないようにしましょう。
事情により残業はできないし、極端に重い責任は負えないけれどある程度やりがいを持って働きたいという場合は、フルタイム勤務のパート薬剤師という募集もあるので、そのような働き方も検討してみるといいかもしれません。